2014年03月28日

「ミス・アンダースタンド」 椿屋四重奏

今回は椿屋四重奏の「ミス・アンダースタンド」を紹介。

シングル「いばらのみち」のカップリング曲。
後にアルバム「孤高のカンパネラを鳴らせ」にも収録。

バンド感を強く打ち出したサウンドが印象的なこの曲。
イントロの1音が流れた瞬間から聴き手を惹きこむセンスには脱帽。

曲が進むにつれ深みを増すサウンド、独特の詩世界。
「ミス・アンダースタンド」という意味深なタイトルも含めて、一言では語れない魅力を持った楽曲。

正直こちらがシングル表題曲でもよかったのではないかというほどの名曲だ。



posted by micarosu at 21:44| Comment(0) | アーティスト:タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月27日

「かみつれを手に」 ChouCho

今回はChouchoさんの「かみつれを手に」を紹介。

シングル「DreamRiser」のカップリング曲。
後にアルバム「secretgarden」にも収録。

きみとぼくの心のふれあいを描く小さな世界。
だけど、ふれあいが壮大な世界観をも演出する。

例えるなら水面に一滴落とすことで、波紋が広がっていくような楽曲だ。

流れるような美しいメロディにオルゴールのような優しい音色の演出。
綴られた言葉はもちろんのこと、ChouChoさんの歌声が優しく響き渡ることで、この世界観を唯一無二のものにしている。

作詞作曲のクラムボンのmitoさんの仕事ぶりに流石と言うとともに、ChouChoさんの歌声がここに最高にはまったことが嬉しい名曲だ。




posted by micarosu at 20:59| Comment(0) | アーティスト:タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月31日

「communication」 THC!!

今回はTHC!!の「communication」を紹介。

シングル「雪」のカップリング曲。
(元々はインディーズ時代にシングルでリリースしているが、初聴きが「雪」のカップリングだったのでここで紹介)

繰り返されるサビのフレーズとメロディ。
それは一度聴けば耳から離れない。

キャッチーなメロディはもちろんだが、思い出を振り返る姿に寂しさも覚えつつ、また再会できることを信じた言葉は、聴いているだけで不思議と胸が熱くなってくる。

また、その言葉の選び方にもセンスが光る。
悩みを抱えている様子を情景を交えた空気感で醸し出していて、この手のグループにありがちな安っぽさがないのが素晴らしい。

メロディ、詩の空気感、ボーカルの絶妙なかけあいなど、どこをとっても文句なしの名曲。
この曲はもっと聴かれるべきだと思う。


posted by micarosu at 23:16| Comment(0) | アーティスト:タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月17日

「ヨワキモノタチ」 TRIPLANE

今回はTRIPLANEの「ヨワキモノタチ」を紹介。

シングル「心絵/友よ」のカップリング曲。
後にアルバム「V」にも収録。

ダークな一面を覗かせる一曲。

正直今までのTRIPLANEにはなかった楽曲で、初めて聴いたときは驚いた。
でも、こういう曲に挑戦してリリースしてくれたのは素直に嬉しかった。

実際この曲がリリースされた以降の楽曲が変わった。
もちろんいい方向に。

今後のTRIPLANEを語る上で、知っておかなければいけない一曲だ。


posted by micarosu at 22:02| Comment(0) | アーティスト:タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月30日

「SUMMER DAYS」 Do As Infinity

今回はDo As Infinityの「SUMMER DAYS」を紹介。

シングル「rumble fish」のカップリング曲。
後にベストアルバム「Do The Best」、「Do The Best "Great Supporters Selection"」にも収録。

この曲を始めて聴いたときのインパクトが忘れられない。

それまでの彼らの楽曲はどちらかというと落ち着いた印象が強かった。
表題の「rumble fish」もかなり影のある楽曲で好きだったが、この曲を聴いて色々吹っ飛んだ。

とにかく圧倒的な勢いがあって、まさにライブ栄えする一曲。
聴いているのが楽しくて仕方がなかった。

印象を変える意味でもシングルで出してみて欲しかった(元々はそういう予定だったらしい)ところだが、後にベストアルバムに収録され多くの人に聴いてもらえたのは嬉しい。

この曲で完全にDo As Infinityにはまった自分としては、とにかく思い出深い一曲。

posted by micarosu at 23:36| Comment(2) | アーティスト:タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする