2016年02月01日

「ときめきLOOPにのって」 チマメ隊

今回はチマメ隊の「ときめきLOOPにのって」を紹介。

シングル「ときめきポポロン♪」のカップリング曲。

表題曲と同じく可愛い歌詞が印象的だが、電子音の独特の浮遊感とクセになるリズムが意外なほど心地よく、何度も何度も聴いてしまう。

ときめきLOOP。
それはこんな楽しい日々が続けば良いという想いを表しているが、それがこうやって曲の形になって、聴く人がそのLOOPに飲み込まれる感じを出しているのが非常に面白いし、上手いなと思った。

A面になるような華やかさはないが、B面に隠れているのも勿体ない気がする。

posted by micarosu at 23:37| Comment(0) | アーティスト:タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月15日

「銀河鉄道の降り方」 瀧川ありさ

今回は瀧川ありささんの「銀河鉄道の降り方」を紹介。

シングル「さよならのゆくえ」のカップリング曲。

夢見心地のような独特な浮遊感を持った曲。

あなたと居た夢のような日々を銀河鉄道に例え、そこからの降り方がわからずもがいている。

ここから降りるということは、あなたを忘れること。
それがわかっているのにずっと降りることが出来ないのだから、なんとも切ない。

陰を持たせながら思い出をなぞるように紡いだメロディも詩の内容に合っている。
またそのメロディの中で精一杯この気持ちを出そうという歌声が、切なさを倍増させている点も良い。

ただ、目立つような曲ではないのでシングルA面とは行かなかったのだろうけど、この曲はもっと聴かれて欲しい。

posted by micarosu at 23:06| Comment(0) | アーティスト:タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月14日

「恋雪」 ダイスケ

今回はダイスケさんの「恋雪」を紹介。

シングル「愛は散って ライライラライラ」のカップリング曲。

アップテンポに奏でられる、どこか憂いを含んだメロディ。
その組み合わせが絶妙な空気感を生み出している。

この曲はテンポを落としたら真っ直ぐな想いが強調された楽曲になっていたのだろうけど、あえて速いテンポにすることで、メロディの憂いさが言葉では紡ぎきれない想いを余韻のように広げる名曲へと押し上げている。

こんな奇跡的な楽曲がカップリングで聴けると、シングルを聴いて良かったなと思えてくる。
一聴の価値ある一枚です。

posted by micarosu at 22:51| Comment(0) | アーティスト:タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月12日

「青春キネマ」 CHABA

今回はCHABAの「青春キネマ」を紹介。

アルバム「青春キネマ」収録曲。

三線とバンドサウンド。
もうこれだけでも心地よいのだが、「青春キネマ」はその魅力を最大限発揮した名曲。

イントロの三線の音色から畳み掛けてくるバンドサウンド。
三線を使った曲はどうしてもゆったりとした曲のイメージが強いが、こういう力強くも爽やかにかき鳴らす曲でもその心地よさは変わらないことに、この曲で気づかされた。

流れるようなメロディ、柔らかい歌声、間に入る朗読。
それらもこの曲を彩るにはこれ以上ないくらいの組み合わせで、一度聴けばこの曲の魅力から離れられなくなる。

それだけの名曲でもあまり知られていないことが残念でならない。

posted by micarosu at 23:10| Comment(0) | アーティスト:タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月04日

「季節を追いかけて」 Dew

今回はDewの「季節を追いかけて」を紹介。

シングル「CRY」のカップリング曲。
後にアルバム「SEASONS」、ベストアルバム「Message 〜best collection 2006-2011〜」にも収録。

♪季節を追いかける君たちは〜

このフレーズに聞き覚えがある人も多いことでしょう。
スズキ・パレットのCMソングとして大量に流れていたあの曲です。

とはいえ、スズキ・パレットというと個人的は最初にほたる日和の「季節はずっと」が思い浮かぶ。
あんな大名曲の後に、同じく季節を彩る曲。

それが通じるのかと思ったが、そんな懸念は全く必要なかった。
この「季節を追いかけて」もまた名曲。

Dewにバラードのイメージを持つ人も多いと思うが、実はこういう流れるような爽やかな曲でもその才能を遺憾なく発揮している。

ピアノの心地よい音色に、丁寧に折り重なる音が季節を彩りながら、清水悠さんの歌声が爽やかな風を吹かせてくれる。
そんな一曲。

なんか、ふとした瞬間に聴きたくなりますね。

posted by micarosu at 22:13| Comment(0) | アーティスト:タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする