2014年03月25日

「三人のおじさん」 BUMP OF CHICKEN

今回はBUMP OF CHICKENの「三人のおじさん」を紹介。

シングル「魔法の料理〜君から君へ〜」の隠しトラックに収録。

BUMP OF CHICKENのCDを手に取ったことがある人は知っていると思うが、彼らのCDにはほぼ確実に隠しトラックが存在する。

大体遊んでいるのだが(特に歌詞が)、それがまたたまらない。
「三人のおじさん」はその中でも特に秀逸。

曲だけ聴いていれば哀愁溢れる切ないナンバーなのだが、神話テイストで描かれる二人のすごいおじさんの中に"素早い"だけのおじさんが一人。。

最終的にこの二人は神がかった進化を遂げつつ、素早いおじさんが最後にたどり着いたのは…。
そのオチにすっかり笑わされてしまった。

表題曲のまじめさからは想像もつかないこの遊び心。
単純に面白いだけでなく、聴かせる楽曲になっているは素晴らしい。




posted by micarosu at 23:51| Comment(0) | アーティスト:ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月16日

「ハートビート」 ほたる日和

今回はほたる日和の「ハートビート」を紹介。

シングル「さよならマーガレット」のカップリング曲。

胸を打つリズムとメロディ。
「ハートビート」というタイトルの通り、鼓動のようなものを感じる一曲。

ほたる日和というとノスタルジックなナンバーの印象が強いが、この曲はそのノスタルジックさを残しつつも、言葉にも刻まれた"ハートビート"を強調するためにバンド色を少し強く出しているが印象的。

だからこそ、詩で描いた情景だけでなく、その場面における主人公の鼓動までも感じられる名曲。
アルバムには入らなかったのはもったいない。

posted by micarosu at 16:49| Comment(0) | アーティスト:ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月06日

「Drawing」 Bahashishi

今回はBahashishiの「Drawing」を紹介。

シングル「気まぐれな流れ星」のカップリング曲。

奥ゆかしい空気感が心地よい楽曲。

基本はジャジーな雰囲気だが、そこに様々なエッセンスが入りBahashishiならではの独特な世界観を形成しているのが印象的。
このサウンドだけでもいつまでも聴いていたいと思わせてくれる。

そこにユラリさんの歌声が乗ることで、この世界観に色が加わるかのように彩られていく。
でも鮮やかな色ではなく、何か迷いを持った色。

それは詩の内容とも重なるもので、奏でられる音と歌声からそれを感じさせるのは彼らのセンスと演奏技術によるところも大きい。

これだけの音を響かせられるBahashishiは、もっと評価されていいと思う。

posted by micarosu at 22:34| Comment(0) | アーティスト:ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月09日

「僕は大きくなったり小さくなったり」 ふれあい

今回はふれあいの「僕は大きくなったり小さくなったり」を紹介。

シングル「赤いリンゴ」のカップリング曲。
後にアルバム「不思議な人」にも収録。

表題の「赤いリンゴ」は歌詞の深さがとにかく印象的な曲だったが、カップリングのこの曲は素朴と温かさを詰め込んだような楽曲。

「僕は大きくなったり小さくなったり」というタイトルは、自分自身の成長を表した言葉。

昔の曲を聞いて涙を流す自分を見て大きくなったなと感じつつ、遠い世界を夢見れなくなってきている自分に対して小さくなったと思う。

大人になるにつれて感じるこの想いを、アコギの柔らかな音色と優しい歌声で包む。
聴くほどにどこか切なく、どこか懐かしく感じる一曲。

最初の頃のふれあいの楽曲では貴重な明るい曲(テンポや雰囲気的に)なので、アルバム「不思議な人」の中では外せない一曲でもある。


posted by micarosu at 22:52| Comment(0) | アーティスト:ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月18日

「トマト」 平川地一丁目

今回は平川地一丁目の「トマト」を紹介。

シングル「闇夜に生まれて」のカップリング曲。
後にベストアルバム「平川地一丁目U〜もうひとつのベストアルバムとラストライヴ〜」にも収録。

平川地一丁目といえばフォークデュオとして有名だと思う。
初期からフォークらしいフォークの楽曲が多かったけど、この頃は強い進化を遂げていた。

シングル曲の「闇夜に生まれて」はハードフォークといえる楽曲でかなり興味深かったが、カップリングの「トマト」もまた興味深い一曲。

まず思ったことが曲調が明るいこと。
彼らの曲には暗めのものが多かっただけに、この軽快さは聴いたとき驚いた。

もう一つ驚いたのが歌詞だ。
アルバム「雪解けの頃に届く手紙」の辺りから"誰かに贈る言葉"を見せるようになってきたが、この曲もまさにそれ。

でも決してかしこまった言葉ではなく、畑を耕しながらふと思ったことを綴った言葉は新鮮。
その曲調と歌詞を聴いていたら不思議と楽しくなってくる。

こんな楽曲も書けてるようになったんだなと彼らの成長が楽しめた一曲。


posted by micarosu at 23:29| Comment(0) | アーティスト:ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。