2014年08月07日

「恋せよメガネ」 フリーウェイハイハイ

今回はフリーウェイハイハイの「恋せよメガネ」を紹介。

シングル「恋人以上、友達未満」のカップリング曲。

本当楽しい。

ポップでキャッチーで、さらにコミカル。
メガネのコーラスだったり、メガネのネタを色々と散りばめていて、何度聴いても飽きない。

「恋人以上、友達未満」という名曲とのギャップもたまらない。
カップリングだからできる最高の遊び心だ。

やっぱりこういう曲もないと面白くない。

posted by micarosu at 22:23| Comment(0) | アーティスト:ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月22日

「光を待つ人」 PIECE4LINE

今回はPIECE4LINEの「光を待つ人」を紹介。

シングル「Melodic youth」のカップリング曲。

イントロのギターの音色から漂う哀愁。
それでいて力強さも兼ね備えたサウンドに惹きこまれてしまう。

現状を打破して光を待つという詩も歌声も力強く、心の奥にくすぶっている情熱を呼び覚ましてくれるような熱を持っている点も魅力。

PIECE4LINEの楽曲はなんでこんなにエモーショナルなんだろう。
始まりからエネルギーが溢れていて、一度聴けば最後まで聴かずにはいられない衝動に駆られる。

こんな曲がカップリングに潜んでいる時点でとんでもないバンドであることは間違いなかったのだが、このシングルを最後に活動休止してしまっているのがもったいない。



posted by micarosu at 23:04| Comment(0) | アーティスト:ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月21日

「日常デコレーション」 Petit Rabbit's

今回はPetit Rabbit'sの「日常デコレーション」を紹介。

シングル「Daydream Cafe」のカップリング曲。

とにかく可愛いらしく、おしゃれなナンバー。
言葉の選び方はもちろん、それを彩る少しだけ切なさを含んだメロディが心地よく耳に残る。

「Daydream Cafe」が跳ねるような軽快な曲だったので、反対に落ち着いた曲が聴いてみたいと思っていたらその通りカップリングに入っているという安心感。
まさに期待通りの一曲。

ただ、「Daydream Cafe」という名曲のカップリングだと相当な楽曲でないと薄れてしまうなと思っていたが、まさかここまで存在感のある一曲を持ってくるとは。
そこまでは予想していなかった。

こういう驚きがあるのがシングルの面白さ。
これは1枚のCDとしてオススメだ。


posted by micarosu at 23:13| Comment(0) | アーティスト:ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月18日

「時間切れ」 馬場俊英

今回は馬場俊英さんの「時間切れ」を紹介。

シングル「いつか君に追い風が」のカップリング曲。
後にアルバム「延長戦を続ける大人たちへ」にも収録。

アコギ一本の弾き語りで響かせる"今日も時間切れ"という言葉。
それがあまりにも切なく胸に刺さる。

この曲を聴くと何も出来ずに時間が過ぎてしまった後悔に苛まれるのだが、その後にこのままじゃダメだと奮い立つ気持ちが沸いてくるのも大きな魅力。

後悔してしまったときは、無理に上げるのではなく一度落ち着けて、もう一度立ち上がる気持ちが必要だなといつも思う。
そのシチュエーションにこの曲ほど合うものはない。

静かなる名曲。


posted by micarosu at 22:23| Comment(0) | アーティスト:ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月04日

「馬の骨」 ビアンコネロ

今回はビアンコネロの「馬の骨」を紹介。

アルバム「Do?」収録曲。

結構クセの強い楽曲が多いビアンコネロ。
それは古賀たかしさんという飛びぬけたセンスを持ったソングライターが作る楽曲が多いからだが、ビアンコネロの楽曲ではもう1人忘れてはいけない人がいる。

稲田裕之さんである。

稲田さんの作る楽曲はとにかくメロディが優しい。
そして作った曲は稲田さんがメインで歌うことが多いのだが、その歌声が儚く繊細で、聴くものの心を離さない。

今回紹介したい楽曲「馬の骨」は作詞が古賀たかしさんで、作曲が稲田裕之さん。
ビアンコネロを代表する2人が作っているというだけでも名曲の予感しかしなかったのだが、聴いてみたらそれ以上の名曲だった。

結婚前夜の新郎の気持ちを綴った詩を紡ぐような繊細なメロディ。
それを歌い上げる稲田さんの歌声は、この新郎の気持ちを全て代弁してくれているのではないかというほど優しく繊細に、そして包み込むように響いてくる。

そして最後の全員のコーラスの温かさも素晴らしく、言葉では綴らなくても新郎を応援していることが不思議なほど伝わってくる。
これを名曲と言わずに何と言えば良いのか。

毎年年間のランキングをつけているのだが、この曲に出会うのが遅く、2013年のランキングに入れていなかったことを今激しく後悔しているほどだ。(完全に個人的な話ですが)

少し話はそれたが、本当にこの曲は埋もれさせてはいけない。
この記事を読んで一人でも多くの人が聴いてくれるを切に願う。
(↓のamazonの商品ページから視聴できます)

posted by micarosu at 23:27| Comment(0) | アーティスト:ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする