2014年10月13日

「かなしみアップデイト」 HINTO

今回はHINTOの「かなしみアップデイト」を紹介。

アルバム「NERVOUS PARTY」収録曲。

クセになるリズムとメロディ。
もうジャンルが何かわからなくなるくらいインパクトがあるのだが、キャッチーさがあるため聴いていると不思議なほど心地よくなってくる。

これは狙ってもなかなか出来るものではない。

作詞作曲を見てみたら、元SPARTA LOCALSでHINTOのボーカル・ギターの安部コウセイさん。
バンドが変わって曲のスタイルも変わったのに、またそのスタイルでこれだけの名曲を作ってくれる安部さんは流石だ。

posted by micarosu at 22:24| Comment(0) | アーティスト:ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月06日

「僕の大切な場所」 ハックルベリーフィン

今回はハックルベリーフィンの「僕の大切な場所」を紹介。

シングル「はなむけの歌」のカップリング曲。

優しく温かい。
でもちょっぴり切ない。

僕の大切な場所は生まれ育った場所。
そこから旅立っても、この場所は忘れない。

それを切なくも優しいメロディと歌声で届けてくれる。
イントロの静かな入りからサビで力強く言葉を響かせる点も秀逸な名曲。

「はなむけの歌」も名曲だと思うが、こちらがシングルでも良かったんじゃないかと思うほど大きな力を持った一曲だ。

posted by micarosu at 23:53| Comment(0) | アーティスト:ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月04日

「扇橋」 Family〜おかだ兄弟〜

今回はFamily〜おかだ兄弟〜の「扇橋」を紹介。

シングル「矢印」のカップリング曲。

どこか懐かしく、素朴な一曲。

ジャンルで言うとフォークが近いは気がするのだが、彼らの場合はギターではなくピアノが前面に出ているのが印象的。
そのため切なさよりは温かさをより感じられる。

そして、曲を流した瞬間から聴き惚れてしまう流れるようなメロディに二人の素朴なハーモニー。
東京を舞台に描かれる前向きな詩も相まって、聴き手の心に残す心地よさがたまらない。

こういう曲はなかなかできるものではないので、いつまでも残っていって欲しいと心から願っている。

posted by micarosu at 22:36| Comment(0) | アーティスト:ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月20日

「植物園北門前」 花*花

今回は花*花の「植物園北門前」を紹介。

アルバム「11songs(+4)」収録曲。
シングル「LONELY GIRL」のカップリングにはfunk versionも収録。

最初聴いたのはfunk versionだったのだが、そのfunkっぷりに驚かされた。

後で原曲のほうを聴いてみたが、若干異色感はあるものの花*花らしさが感じられた。
だが、funk versionのほうはいい意味で裏切られた一曲。

そのアレンジもそうだが、こじまさんの歌声が何よりパワフルで惹きつけられる。

今考えると、活動休止前の最後のシングルということもあり、訴えかけるものがあったなとしみじみ感じる。
その歌声も、歌詞が「ここでサヨナラ」で終わることも。

それだけに感慨深い。

posted by micarosu at 22:46| Comment(0) | アーティスト:ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月18日

「愛は死なないんだろう?」 BARGAINS

今回はBARGAINSの「愛は死なないんだろう?」を紹介。

シングル「オレのショー」のカップリング曲。

始まりの歪んだギターの音色。
この音を聴いただけでもこの曲が伝えようとしている世界の重さが伝わってくる。

詩の内容も基本は後ろ向きだ。
世の中の理不尽さに嘆きつつも、生きていくしかできないという諦め。

でもそんな世界でも自分は優しくありたい。
卑屈になりきらず生きていこうという姿にはたくましさも感じる。

サウンド面は歪んだギターだけでなく怪しげなリコーダーの音色も相まって、混沌とした世界観が表現されている。
この音の世界観があるからこそ、そこを生きていこうとするたくましさがより感じられるのかもしれない。

「ジンセイ」や「オレのショー」とは少し違うが、これも聴く人に勇気を与える一曲。
やはりこういう曲を歌わせたらBARGAINSは最高だ。

posted by micarosu at 21:59| Comment(0) | アーティスト:ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。