2013年06月26日

「蒼い舟」 いきものがかり

今回はいきものがかりの「蒼い舟」を紹介。

シングル「夏空グラフィティ/青春ライン」のカップリング曲。

両A面のどちらもがかなりのインパクトの強い曲であり、そのカップリングとなってしまうとかなり霞んでしまいそうだが、そんな懸念を払拭するような名曲が「蒼い舟」である。

山下さん作詞作曲の少しノスタルジックなナンバーで、文学的な詩の展開や、随所に光るハープの音色など、いつものいきものがかりとは一線を画す一曲。

ポップないきものがかりはもちろん好きだが、こういった大人びた陰のある曲もまた良い。

それまでのシングルでは3曲目は必ずカバー曲を収録していたのだが、それを今作で始めてオリジナル曲を収録したあたり、この曲へ込めたものは大きくて強い。

アルバムには収録されていないため知名度が圧倒的に低いが、これを知らないのはもったいない。

posted by micarosu at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト:ア行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月02日

「フリージア」 アンダーグラフ

今回はアンダーグラフの「フリージア」を紹介。

シングル「心の瞳」のカップリング曲。
後にベストアルバム「UNDER GRAPH」初回限定版のDISC2にも収録。

影を持ちながらも温かさが溢れる一曲。
そしてアンダーグラフというバンドの魅力を凝縮したとも言える楽曲。

繰り返される「フリージア」という言葉には戻せない過去の後悔と届かない君への想いがあり、聴いているとそれがしみじみと伝わってくる。

節々で魅せるギター、ベース、ドラムの音も心地よい。
もちろんこの楽曲に限ったことではないが、このときのアンダーグラフの音は神がかっていたと思う。

結成10年という節目。
そしてそれまでに培ってきたものがあるからこそ、出来た名曲だ。


posted by micarosu at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト:ア行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月16日

「Message」 うたいびと はね

今回はうたいびと はねの「Message」を紹介。

シングル「果実」のカップリング曲。
後にアルバム「花サク」にも収録。

失ってから気づいた大切な人への想いを切ないメロディに乗せた名曲。

作詞作曲は安岡信一さん。
安岡さんの曲って節々に印象的なメロディが散りばめられていて、すごくドラマチックな曲になることが多い。

この曲ももちろんそうで、届かない想いが溢れていて、聴いているとその気持ちがしみじみ感じられる。

うたいびと はねを語る上で絶対に外せない一曲。


posted by micarosu at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト:ア行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする