2014年01月10日

「sickness」 Stereo Fabrication of Youth

今回はStereo Fabrication of Youthの「sickness」を紹介。

シングル「首都高ドライブ」のカップリング曲。

静かな始まりから畳み掛けるように重なるサウンド。
作り方としては表題の「首都高ドライブ」に近いところもあるが、大きく違うのはサビへの展開。

「首都高ドライブ」が言葉通りの疾走感とドライブ感を持っているのに対し、「sickness」は悩みや葛藤といった負の感情のようなものが渦巻いている。

そのサビの後に入る間奏ではあえて音を途切れ途切れにして、詩の内容ともリンクするようなミステリアスな展開になっているのも面白い。

ちなみにこの途切れ途切れになるよな展開は、メンバーの江口亮さんが後にプロデュースするschool food punishmentの「電車、滑り落ちる、ヘッドフォン」でも聴くことができる。

今更ながらこのアレンジの原点はこの「sickness」にあるのかななんて思ってます。

posted by micarosu at 23:59| Comment(0) | アーティスト:サ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月22日

「Life」 鈴木崇

今回は鈴木崇さんの「Life」を紹介。

シングル「Closet」のカップリング曲。

鈴木崇さんというとアコムのCMの「はじめてのむじんくん〜」(原曲は「はじめての鈴木くん」)が出て来てしまって、どうしてもキャッチーなイメージが浮かんでしまうが、どちからというともっと雰囲気のあるメロディアスな楽曲が多い。

表題の「Closet」は、きれいなメロディを引き立てるようなアコギとサックスの音色が心地よい名バラードでオススメしたいという話もしたいところだが、今回はカップリングの「Life」の話を。

爽やかで流れるようなメロディが印象的な楽曲だが、単純に明るいというよりはどちらかというと木漏れ日のような優しさと温かさが感じられる一曲。

それは鈴木崇さんの優しく包み込むような歌声があるからこそだが、優しさという意味では音の重なりの中でもしっかりと響くアコギの音色によるところも大きい。

特に2番のサビの後の間奏で魅せるアコギはたまらない。
生で聴いたら最高だろう。

ちなみに、この「Closet」にはあと2曲、「ルララ」と「とまどい」が収められているのだが、そのどちらも良曲。
この1枚は持っていて損はない。

posted by micarosu at 22:41| Comment(0) | アーティスト:サ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月24日

「とまり木」 湘南探偵団

今回は湘南探偵団の「とまり木」を紹介。

シングル「心のルーペ」カップリング曲。
後にアルバム「Doors」にも収録。

シンプルだけど繊細。
静かに語りかけるようだけど、流れるようなメロディ。

空気感を彩るピアノの音色に心地よりドラムのリズム、そして佐藤嘉風さんの優しい歌声。
全てが高レベルでありつつ絶妙なラインで重なりあう名曲。

元々彼らの楽曲には目を見張るものがあるが、その中でも心地よさという点について最高に凝縮された一曲。
この心地よい音楽は聴いた瞬間に耳を止めてしまうが、何度も聴くと更に味わい深くもなるのも魅力。

アルバム「Doors」の中では最後の1曲前に収録されていて、ラストの「あかね」に繋がる一曲としても絶妙な役割を果たしている。


posted by micarosu at 23:13| Comment(0) | アーティスト:サ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月08日

「ピストル」 サラブレンド

今回はサラブレンドの「ピストル」を紹介。

シングル「スロウ」のカップリング曲。

切なく優しいメロディの曲が多い彼らの中では珍しくロックさを前面に打ち出した一曲。

ロックさを出しつつも彼らの持つきれいなメロディが活きているので、力強い言葉が自然と耳に残る。

一度でも聴けばその間違いなく彼らの魅力を感じずにはいられない。
それくらいのインパクトを持った名曲。

「スロウ」も好きな一曲だが、この「ピストル」をA面に持ってきてもよかったのではとよく思う。

posted by micarosu at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト:サ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月20日

「Jolly」 坂本サトル

今回は坂本サトルさんの「Jolly」を紹介。

シングル「天使達の歌」のカップリング曲。

少し切なさを残しつつも力強さを感じる名曲。

元々ソロとしての最初のシングルの候補だったらしいが、「天使達の歌」という超名曲が出来たためカップリングとして収録されたのだそう。

それもあって、カップリングとしては非常に完成度が高く、聴いた後にある種の充実感を得られる曲でもある。

オリジナルアルバムに入らなかったのはもったいないなと思っていたが、のちに「Singles 1999-2006」に収録されたので、個人的には嬉しかった。

初めての方はこのアルバムから聴いて見ると、この曲を含め、坂本サトルさんの良さが伝わるかと思う。


posted by micarosu at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト:サ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。