2016年03月17日

「来世で会おう」 さユり

今回はさユりさんの「来世で会おう」を紹介。

シングル「それは小さな光のような」のカップリング曲。

緊迫感。
まるで始めから崖っぷちに立たされているような感じだ。

タイトル「来世で会おう」という言葉を見てもわかる通り、来世を意識している時点でかなりの覚悟がこの曲には溢れている。

命を絶つというようにも捉えられるが、どちからというと"死ぬ気で生きる"ということが伝えたいことなのだろう。

それを表すような危機感迫る歌声と畳み掛ける演奏。
聴けば聴くほどに、曲の迫力に吸い込まれていきそうだ。

酸欠少女さユり。
その真骨頂とも言える名曲。

posted by micarosu at 23:21| Comment(0) | アーティスト:サ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]