2016年01月15日

「銀河鉄道の降り方」 瀧川ありさ

今回は瀧川ありささんの「銀河鉄道の降り方」を紹介。

シングル「さよならのゆくえ」のカップリング曲。

夢見心地のような独特な浮遊感を持った曲。

あなたと居た夢のような日々を銀河鉄道に例え、そこからの降り方がわからずもがいている。

ここから降りるということは、あなたを忘れること。
それがわかっているのにずっと降りることが出来ないのだから、なんとも切ない。

陰を持たせながら思い出をなぞるように紡いだメロディも詩の内容に合っている。
またそのメロディの中で精一杯この気持ちを出そうという歌声が、切なさを倍増させている点も良い。

ただ、目立つような曲ではないのでシングルA面とは行かなかったのだろうけど、この曲はもっと聴かれて欲しい。

posted by micarosu at 23:06| Comment(0) | アーティスト:タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]