2014年10月22日

「愛の時代」 広沢タダシ

今回は広沢タダシさんの「愛の時代」を紹介。

シングル「もしもうたえなくなっても」のカップリング曲。

この曲を聴いたとき、広沢タダシさん天才だなと思った。

卓越したメロディセンスを持つ広沢さんですが、その中でも飛びぬけた一曲。
元々はインディーズ時代のアルバム「愛の時代」のタイトル曲ということもあり、そのメロディは折り紙つき。

それぞれアレンジが若干違っていて、インディーズのときは後半につれて巧みさの中に明るさを見せていたのに対し、メジャー版ではイントロから洗練された音で強い印象を与えながら、後半につれてより深みを増していく構成が耳に残る。

どちらが好きかは個人差があると思うが、個人的にはメジャー版をオススメしたい。
その際是非良いスピーカーなりヘッドフォンを用意していただけると、その壮大な音の広がりを存分に堪能できるかと思う。

特に最後の英語部分は鳥肌もの。


posted by micarosu at 23:17| Comment(0) | アーティスト:ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]