2014年06月22日

「光を待つ人」 PIECE4LINE

今回はPIECE4LINEの「光を待つ人」を紹介。

シングル「Melodic youth」のカップリング曲。

イントロのギターの音色から漂う哀愁。
それでいて力強さも兼ね備えたサウンドに惹きこまれてしまう。

現状を打破して光を待つという詩も歌声も力強く、心の奥にくすぶっている情熱を呼び覚ましてくれるような熱を持っている点も魅力。

PIECE4LINEの楽曲はなんでこんなにエモーショナルなんだろう。
始まりからエネルギーが溢れていて、一度聴けば最後まで聴かずにはいられない衝動に駆られる。

こんな曲がカップリングに潜んでいる時点でとんでもないバンドであることは間違いなかったのだが、このシングルを最後に活動休止してしまっているのがもったいない。



posted by micarosu at 23:04| Comment(0) | アーティスト:ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]