2014年06月20日

「Walk on」 ORANGE RANGE

今回はORANGE RANGEの「Walk on」を紹介。

シングル「チャンピオーネ」のカップリング曲。
後にアルバム「ORANGE RANGE」、ベストアルバム「RANGE」にも収録。

陰という言葉が真っ先に浮かぶ一曲。

今の現状に対する辛さや苦しみを見つつ、そこから歩き出せば見えてくるものがあると歌う詩。
決して単純な明るさや光を示しているのではなく、歩きだすことで自分を見つめなおせというところに絶妙な距離の温かさを感じる。

後半に入るノイズはその距離感を演出している部分もあるが、その中でフェードアウトしていく歌声が儚く、言葉に持たせた意味の大きさだけを強く残すところは非常に印象深い。

正直当時ORANGE RANGEがここまでの楽曲を作ってくると思わなかったので、良い意味で裏切られた一曲。
最初に陰という言葉を使ったが、この曲はカップリングという陰だからこそ、より意味のある一曲だなとも思う。


posted by micarosu at 22:23| Comment(0) | アーティスト:ア行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]