2014年04月03日

「ディスタンス」 馬場俊英

今回は馬場俊英さんの「ディスタンス」を紹介。

シングル「ファイティングポーズの詩」のカップリング曲。
後にアルバム「延長戦を続ける大人たちへ」にも収録。

この曲に漂うのはもどかしさ。

もう会えない君と僕との距離。
それでも想いだけは永遠に離れないよという願い。

アコギ一本で歌い上げる馬場さんの歌声が印象的に響き渡る歌いだしから、サビへ向けて寄り添うように奏でられる各楽器の音色。
その音色は、切なく繊細にもどかしさを映し出すだけでなく、後ろ向きにさせない優しさまでも乗せている。

馬場さんならではの大人の哀愁を持った一曲だ。




posted by micarosu at 22:50| Comment(0) | アーティスト:ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。