2014年01月09日

「僕は大きくなったり小さくなったり」 ふれあい

今回はふれあいの「僕は大きくなったり小さくなったり」を紹介。

シングル「赤いリンゴ」のカップリング曲。
後にアルバム「不思議な人」にも収録。

表題の「赤いリンゴ」は歌詞の深さがとにかく印象的な曲だったが、カップリングのこの曲は素朴と温かさを詰め込んだような楽曲。

「僕は大きくなったり小さくなったり」というタイトルは、自分自身の成長を表した言葉。

昔の曲を聞いて涙を流す自分を見て大きくなったなと感じつつ、遠い世界を夢見れなくなってきている自分に対して小さくなったと思う。

大人になるにつれて感じるこの想いを、アコギの柔らかな音色と優しい歌声で包む。
聴くほどにどこか切なく、どこか懐かしく感じる一曲。

最初の頃のふれあいの楽曲では貴重な明るい曲(テンポや雰囲気的に)なので、アルバム「不思議な人」の中では外せない一曲でもある。




posted by micarosu at 22:52| Comment(0) | アーティスト:ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。