2014年07月26日

「飛行機雲」 松ヶ下宏之

今回は松ヶ下宏之さんの「飛行機雲」を紹介。

アルバム「PIANO WITH LOVE THE ALBUM+」収録曲。
後にアルバム「Way to Happiness?」にも収録。

Bluem of Youth活動休止後初のリリース作品「PIANO WITH LOVE THE ALBUM+」の中の最後に収録されいている唯一の歌物。

イントロを聴いた段階から炸裂する松ヶ下節とも言える音で、とにかく安心させてくれる。
そしてその切ないメロディも松ヶ下さんならではだ。

ここまでならBluem of Youthと大きくは変わらないが、やはり松ヶ下さんの歌声で響かせるという点が大きく違う。
これにより切なさの中に儚さまで含んだ名曲へと高めている。

ソロしての松ヶ下さんの魅力。
それを最大限に発揮した一曲だ。

posted by micarosu at 22:07| Comment(0) | アーティスト:マ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月21日

「find out」 AiM

今回はAiMさんの「find out」を紹介。

シングル「スタンド・バイ・ミー〜ひと夏の冒険〜」のカップリング曲。
後にベストアルバム「15」にも収録。

イントロから漂う重厚感。
デジモン関連の明快であったり冒険心をくすぶるような楽曲を歌うことが多いAiMさんの中では、一味違う楽曲。

雰囲気もそうだが、何より早口で始まる攻撃的なサビ、最後のサビ後の「Look at that〜」の展開は最高の一言。
こんな楽曲がカップリングに潜んでいたのはもったいない限り。

先日発売されたベストアルバムにも収録されたことで、今まで聴いたことがなかった人の耳にも届くようになったのは何より嬉しい。

posted by micarosu at 21:04| Comment(0) | アーティスト:ア行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月15日

「ありがとう〜知覧よりの手紙〜」 千綿偉功

今回は千綿偉功さんの「ありがとう〜知覧よりの手紙〜」を紹介。

シングル「アイノウタ」のカップリング曲。
後にアルバム「サンキュー」にも収録。

知覧の「特攻平和会館」で感じたことが元となったという一曲。
飛び立てば二度とは戻れない"特攻"へと向かう人の気持ちを静かに歌い上げている。

これによってきっといい未来になるようにという願いと、残された人への感謝と別れ。
その姿からは勇ましさとともに大きな切なさが伝わってくる。

歌詞の奥深さはもちろんだが、こういう曲を歌い上げることができる千綿さんの歌声の力も感じることが出来る名曲。

posted by micarosu at 22:30| Comment(0) | アーティスト:タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月13日

「別れ駅」 キジ☆ムナ

今回はキジ☆ムナの「別れ駅」を紹介。

ミニアルバム「アリガトウのウタ」収録曲。

切なさと優しさが融合する一つの名曲。

別れの姿を描きながらも、いつかたどり着いた場所でまた逢いましょうという姿は、悲しさだけでなく強さも含んでいる。
それを搾り出すように歌う声もこの世界を彩っている。

「アリガトウのウタ」は名曲が多いが、その中でも個人的にはすごく好きな一曲。


posted by micarosu at 16:21| Comment(0) | アーティスト:カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする