2014年04月09日

「106」 サザーランド

今回はサザーランドの「106」を紹介。

シングル「Silent movie」のカップリング曲。

イントロのギターが醸し出す悲しげな雰囲気からこの曲がただものではないことに気づく。

君との日々を思い出しながら、もう戻れないことを必死に受け止めようとする想い。
どこか心地よさを残すバンドサウンドに良かった頃の思いを響かせながら、阿部さんの歌声はそれとは違う現実の悲しさを歌う。

その絶妙な重なり合いがこの想いを何倍にも強くしている名曲。

残念ながらアルバムに入ることはなく、カップリングだけのため知名度が低いのだが、カップリングだけで終わらしてしまうにはもったいない名曲だ。



posted by micarosu at 23:58| Comment(0) | アーティスト:サ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。