2014年03月28日

「ミス・アンダースタンド」 椿屋四重奏

今回は椿屋四重奏の「ミス・アンダースタンド」を紹介。

シングル「いばらのみち」のカップリング曲。
後にアルバム「孤高のカンパネラを鳴らせ」にも収録。

バンド感を強く打ち出したサウンドが印象的なこの曲。
イントロの1音が流れた瞬間から聴き手を惹きこむセンスには脱帽。

曲が進むにつれ深みを増すサウンド、独特の詩世界。
「ミス・アンダースタンド」という意味深なタイトルも含めて、一言では語れない魅力を持った楽曲。

正直こちらがシングル表題曲でもよかったのではないかというほどの名曲だ。





posted by micarosu at 21:44| Comment(0) | アーティスト:タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。